.

二胡の選び方

二胡の選び方について。 二胡ってどういう物が良いの?という疑問を解決すべく、簡単に良い二胡の解説を書いてみようと思います。これであなたも二胡目利き!


二胡の作り

二胡は、蛇革の張ってある胴体、棹、調弦軸で出来ています。

・胴体

胴体は板を張り合わせて筒にしてあり、ここにニシキヘビの革を張って太鼓にしています。

胴が六角の昔ながらの蘇州二胡、音を大きくするため改造された八角形の北京二胡、さらに大きくした楕円や遍八角形、北京でも六角の二胡や、おにぎり型など、いろいろな形があります。

 

・調弦軸

調弦軸には、シンプルな木軸、縦巻きのギア軸、ネジで引っ張るネジ軸の3種類があります。

木軸の二胡は昔ながらの基本形、今でも一番多く流通しています。刺しているだけと単純なので、油断すると緩んで抜けてしまいます。抜けないように押し込みながら巻く必要があります。微調整が効かないですが、微調整用に糸か金具を付けて使う事で解決できます。

ギア軸の二胡は、金属の調弦軸で、ギアを使うことで微調整が可能になっています。油断して弦が外れる事もなく、手間のかかる大きなトラブルは少ないですが、機械が大きくて邪魔、重い、ギアを咬んでる分微調整にクセがある、巻きが遅いから弦の交換が疲れる、など小さな欠点が多いです。

ネジ軸の二胡は、調弦軸の中にネジが入っていて、そこに弦を結わえてあります。軸を回すことで弦の張力を調整するようになっています。見た目もスマート、微調整もしやすく、弦の張替も楽ですが、張替であまった弦を綺麗に切りそろえられると、次に張り替えるときにペンチが必要になったり、軸に重みをかけると中のネジが曲がって修理が必要になったりと、大きなトラブルがあります。

 

・棹

龍の彫り物がついていたりするものもありますが、そこで二胡の値段が大きく変わることは無いです。

作者により微妙に太さが違います。

頭の飾りはぶつけたりすると取れてしまいますが、よくとれるし簡単にくっつくので慌てず楽器屋さんにもっていきましょう。

 


二胡選びのポイント

二胡を選ぶにあたり、もちろん音色が一番ですが、よく響くお店だったりするとなかなか判断がつかないものです。
店員さんにひきくらべてもらって音色をききつつ、いろいろ説明をききつつ、以下のことを前知識として覚えておけば大丈夫!
もちろん自分の先生から買うのが一番。自分の生徒が良い楽器で良い音がしてる方が先生は嬉しいものですから。

  1. 木材
  2. ニシキヘビの革
  3. 作りの良し悪し

・木材
二胡の木材は、紫檀黒檀、老紅木等があります。一般に紫檀が華のある音、老紅木が哀愁のある音と言われます。
インド小葉紫檀が一番高級木材ですが希少価値で値段も上がっています。偽物も多いです。明や清の時代の老紅木も高級です。
紫檀でも安いものは安いので、紫檀が安い!などに飛びつくと痛い目に合うことも!

・ニシキ蛇の革
ワシントン条約にひっかかるにくいやつです。うろこが大きいほど育った大蛇ですが、あまり大きいと革が厚すぎてあまり鳴らなくなってしまいます。太鼓表面を並びで数えて11個~13個が良いとされています。
太鼓のように叩いてみて、ぽんっと綺麗に鳴るかチェックです。
太陽にかざして裏から見て深い黄色く見える革は油の乗った良い革だそうです。
北京二胡はわざと薄く削って鳴るようにしています。
うろこがめくれないように処理してあると安心です。けば立っていても問題は無いですが、弓の毛がひっかかってめくれたり。。

・作りの良し悪し
二胡は職人が手作業で一つ一つ作っているので、一見良い楽器に見えても、よくチェックして選びましょう。小さいヒビ、擦り傷などは気にしなくて大丈夫です。
胴体は板を張り合わせて筒にしてあります。胴の内側も携帯のライトなどでチェックすると良いです。棹は筒を突き抜けてます。はまってる棹と穴に隙間が無いかどうかも要チェックです。
棹がねじれていたり曲がっていたり(弦の張力で少したわむ)調弦軸が変な方向むいていたり、弦を止めるネジや溝が大きくずれてたり、要チェックです。

 

音量が大きい程音色が悪くなり、音色が良いほど音量が小さくなる傾向があり、
両方を兼ね備えた楽器になるほど値段が高くなります。
例えば、あまり大きな音でひくと近所迷惑、というなら、音色は思いっきり良い物を探しても、音が小さければ少し値段も安くなります。
自分の需要に合った二胡を手に入れましょう~


弓は、硬すぎずやわらかすぎず。軽すぎず重すぎず、空中に自分の名前をすらすらと書ける物がよいです。

 


.
.
. .
.