.

二胡について

二胡は、数ある胡琴類を代表する楽器です。

胡琴類には、二胡の他に、京劇の京胡、広東地方の高胡、椰子で出来た椰子胡、弦が4本の四胡、革の代わりに板が張ってある板胡、その他数え切れない程の種類があります。

別名南胡といい、もともとは南の方の蘇州近辺で盛んだったそうです。

二胡は、紫檀、黒檀、紅木などの密度の濃い硬い木材で作られます。

ニシキヘビの革を張った直径12cm強の筒状の太鼓に、上半身程の高さの棹を差し、金属の弦を2本張ったという簡単な作りです。

弓は馬の尻尾の毛でできていて、2本の弦の間に挟まっているのが特徴です。

東洋のバイオリンとも呼ばれ、最も人の声に近い音と言われます。

中国民族楽器界でも一番人気、ソロ楽器として古くから親しまれてきた楽器で、その甘くて広大な音色は圧倒的な存在感と輝きを持っています。

胡弓と二胡

よく間違われますが、胡弓と二胡は全く別の楽器です。

日本人にわかりやすいようにか、胡弓と呼んでいる中国人の奏者さんがいるので、
「以前中国人の胡弓奏者さんと一緒に演奏したけど、見た目同じに見えるけどどう違うの?」と言われる事も。。
胡弓は日本の伝統楽器です。二胡とは見た目も演奏してる姿も全く違います。
胡弓は三味線の形の楽器を弓で擦るもので、弦が三本あり、弓も弦の間に挟まっていません。
弦も絹なので、音色もかなり違います。

よく間違われるので、胡弓と書いてあるのに中身は二胡だったりすることも。
胡弓のコンサートだと思って行ったら二胡だったり(これでみんな二胡を胡弓だと思う。。)

中国胡弓と呼ぶこともあります。


.
.
. .
.